事故車を買取するまでの流れ

事故を起こした車は、事故車買取業者によって売ることができます。今ではディーラーや中古車買取業者などでも事故車の買取に対応していますので、インターネットなどで複数の業者から一括見積りも可能です。しかも、事故車だからといって買取手続きが複雑になることはありません。新車や中古車を売る時と同じような手続きで進めていけます。今回は、その事故車買取業者を利用した場合の手順や手続き方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

事故車買取業者をリサーチする

事故を起こした車でも、最近では「事故車買取業者」が生まれ、その車に「価値」が生まれることがあります。状態が良ければ意外と高い価格で売ることもできますので、あきらめずに業者に相談してみることをおすすめします。買取の流れとしては、まず事故車買取業者をリサーチすることから始めましょう。近頃は中古車や新車の買取サービスを提供するディーラーや中古車買取業者も参入し、多くのサービス店舗を探せるようになりました。たとえば、大手ではガリバーが有名で、ほかにも「事故車買取り」や「廃車手続き無料」といったチラシや広告も目にします。インターネットで「事故車、買取」と調べると様々な業者が見つかるため、まずは情報を調べ複数社で一括見積を依頼してみることをおすすめします。

まずはありのままで査定する

事故車買取サービスでは、査定(価格見積もり)の申し込みに車の状態などを入力しなければなりません。事故車といえど、基本的には状態が良いほど高価に買い取ってもらえます。しかし、複数社で一括見積りする場合は、修理や清掃などしていない「ありのままの状態」で査定をお願いしましょう。もちろんウソの情報を記載しても必ずバレますので、正確に、正直に入力することが基本です。ありのままの状態で査定してもらうことで、事故車のおおよその買取相場が把握できます。さらに、この状態からひと手間加えることで、買取価格を上乗せすることも可能です。その方法は以下で詳しくお伝えしています。

高額買取のために査定前にひと手間

クルマをキレイに清掃

事故車の査定では、新車や中古車と同じく車のグレードや車種のほか、外装や内装といった「外見」も重視されます。そのため、外装のキズや汚れをキレイにしたり、車内の掃除を行うだけでも買取価格には大きな差が生まれるのです。たとえば、外傷が分からないよう修理に出したり、コーティングで見た目を整えるなど外装の修正。内装では、フロアマットを外に出して掃除機をかけたり、水洗いできるところは簡単に掃除しておくなど、それだけで査定額が高くなる可能性があります。

付属品・書類をまとめておく

事故車の買取査定では、事前に準備しておくべき付属品や書類があります。まずは以下をご覧ください。・自動車検査証・印鑑登録証明書・自賠責保険証明書・自動車納税証明書・リサイクル券(預託済みの場合のみ)実は上記の書類一式は査定時ではなく、実際に業者と契約を交わすときに必要となるものです。しかし、査定時に用意しておくことで、相手に「売る気がある」ことを強くアピールすることができます。すると、買取業者としてもその熱意を受け、より高く買い取ってあげようと思うのが人情です。買取業者はビジネスマンである前に人間なので、こうした心理的な工夫を凝らすことも賢い方法といえます。

複数業者に査定を依頼する

事故車の買取を依頼する際、査定は1社ではなく、必ず複数社で一括見積りをお願いするようにしましょう。できれば3社以上に査定してもらうことが理想です。複数社で事故車の査定を行うと、それぞれの価格の差が一目瞭然で分かります。また、他社の買取価格を引き合いに出し、もう一方の業者の買取価格を吊り上げる交渉も可能です。せっかく高いお金を出して買った車ですので、たとえ事故車であっても可能な限り高く売るようにしましょう。

正直に事故車となった経緯を説明

事故車の査定を行う場合、必ず事故の経緯や修理の経歴などの情報が求められます。高く買い取ってもらおうとウソの情報を伝えるのは絶対にやめましょう。査定員は新車や中古車以上に事故車を詳しく調べますので、虚偽情報を見逃す確率は2%以内とされます。つまり、ウソをついても必ずバレるということなので、そのときは査定価格がマイナス(減額)となることもあるでしょう。また、虚偽申請を行ったことで査定拒否になるばかりか、二度とそのお店を利用することもできなくなる可能性もあります。

必要な書類・手続きの準備

事故車買取業者の査定が終わり、その買取価格に納得すれば、ようやく契約に移っていきます。ここでは事前に用意しておいた書類を提示しましょう。もう一度、必要な書類について以下でおさらいしています。

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券(預託済みの場合のみ)

この後に契約へと移行していきますが、買取業者によっては便利なサービスを提供していますので、必要であればご利用ください。たとえば、車の売却から新車購入までの間、代車が利用できる「代車無料サービス」や、移転登録(名義変更)などの「手続き代行サービス」などが代表的です。買い取ってもらう業者に事前に相談しておくことをおすすめします。

買取業者へ車の引き渡し

買取業者への書類の引き渡しがすめば、今度は手続きを行い車を引き取ってもらいます。手続きは買取店の指示に従って進むので、特に注意すべきことはありません。仮に書類に不備がある場合、後日あらためて来店する必要もありますので、必ず事前チャックしておくようにしてください。

車内に忘れ物がないかを確認

買取業者に車を引き渡す際は、車内やトランクなどに忘れ物がないか確認しておきましょう。特にダッシュボードやオーディオ内のCD/DVDは忘れやすいので注意です。ほかにもナビの個人情報を消し忘れていないか、こちらも忘れずにチェックしてください。

買取金額の入金

事故車の引き渡しが済めば、最後に買取金額の入金が行われます。ディーラーで下取りをした場合などは、この買取金額が新車購入の頭金になることがほとんどです。一方で、買取のみの場合は登録した金融機関の口座に入金されます。入金反映までの期間は業者によって異なりますが、おおよそ2~3営業日以内に振り込まれることが多いです。