事故車の買取相場はどのくらい?

事故車の買取は、「事故に遭ったかどうか」よりも、事故によって「どの部分を」「どのように修理(交換)」したかということが査定に大きく影響します。車の基幹部分であるフレームやダッシュパネルなどに大きな損傷があると、その車自体の価値が大きく減少してしまうからです。今回は上記の査定条件を前提に、事故車の買取相場についてお伝えしていきます。ご自身の車が一体いくらで買取されるのか、誰しも気になるところですよね。以下の内容をじっくりとご確認ください。

事故車の損傷別の減額

ドアノブの傷、車体下部の擦った傷

ドアノブの傷や車体下部の軽い擦れ、ホイールの擦れなどは査定にほとんど影響しないことが多いです。こうした箇所は車の基幹部分でもないので、事故車ではなく「中古車」として判別されます。ただし、キズや擦れ、汚れなど、キレイに修繕できる場合は行っておきましょう。査定に影響を及ぼさないとはいえ、外装や内装がキレイな車ほど高価で買取してくれることがほとんどです。

バンパーの凹み傷、ライト類の割れ

バンパーの凹み傷やライトなどが割れている場合、査定で約1~3万円ほど買取価格がマイナスになるケースが多いです。ほかにも、ウィンカーの割れ、電動格納ミラーの不動なども、このケースに該当します。こうした傷や故障の場合、先ほどのドアノブの傷や車体下部の軽い擦れと違い、少し修理費用が高くなる場合もあるでしょう。そのため、事故車買取業者と修理業者に同時に見積もりを出してもらい、修理した方がその費用より買取価格が高くなれば、修理してから事故車買取業者に査定してもらうという方法がとれます。

フレームまで壊れていない凹み

車同士の派手な衝突事故によって、ドアが凹んだり、見た目的に損傷が大きい(鉄板むき出し等)という場合、約5~10万円ほど査定価格がマイナスになる可能性があります。ただし、これはフレームなど基幹部分まで損傷が至っていないケースに限ります。基幹部分に損傷が至っていた場合、その時点で買取不可となる場合が多いです(以下で詳しく解説します)。このケースも修理費用が高くなりやすいので、事故車買取業者と修理業者の同時に査定を依頼してみましょう。

フレームへの損傷あり

車のフレームはもっとも重要な基幹部分であり、このフレームに損傷があると買取不可、もしくは処分費まで発生する可能性もあります。また、修理に出しても数十万円の費用がかかっても不思議ではありません。仮にディーラーや中古車買取業者で「0円」の査定結果だとしたら、今度は廃車専門の買取業者を検討してみましょう。廃車買取業者は車のパーツごとに価格査定を行っていくため、基幹部分に損傷があっても値段が付く可能性もあります。また、廃車買取業者でも値段がつかない場合でも、廃車の手続きを行ってくれたり、費用もかからないケースもあるので諦めてはいけません。

どこの業者が高く買取してくれる?

ディーラーは安い、新車を買うならあり

事故車の買取を依頼する場合、ディーラーや中古車買取業者、廃車専門の買取業者の選択肢があります。できるだけ高い買取価格をお求めの場合、ディーラーや中古車買取業者に依頼するのはおすすめしません。ディーラーや中古車買取業者は、買い取った車をそのままお店で転売するので、「車全体の価値」が重視されます。一方の廃車専門の買取業者では、分解してパーツ単体で再販することもできるため、「パーツごとの価値」が重要です。そのため、基幹部分に損傷があれば、その時点で買取不可(価格0円)というディーラーや中古車買取業者も多いです。ただし、値段が付く場合であれば、新車や中古車に乗り換える際、その価格を割り引いてくれたり、廃車費用を無料にしてくれるなど様々なサービスを受けられるメリットもあります。

事故車専門の買取業者が高く買取できる

事故車専門(廃車専門)の買取業者は、そもそも車のパーツごとに価格を査定するため、たとえ基幹部分に損傷があっても値段がつく場合もあります。また、ディーラーや中古車買取業者に依頼するより、買取金額そのものが高額なパターンも多いです。一方、廃車専門業者は小規模でコンプライアンス規定も存在しない会社も多く、利用する会社の実績や口コミ情報など厳重に調べておきましょう。

事故車の査定額を少しでも上げるコツ

事故車の買取業者に査定を依頼

事故車の査定額を上昇させるには、少なくとも1社は「廃車専門の買取業者」に見積もりを依頼しましょう。ディーラーや中古車買取業者でも廃車サービスを提供するところが増えてきましたが、やはり古くから事故車専門で事業を行ってきた会社より見積価格が低くなるケースが多いです。

複数の買取業者で査定

複数の買取業者で査定してもらうのも忘れてはいけません。廃車専門の買取業者だけではなく、ディーラーや中古車買取業者など複数社を選び、一括見積りで価格を査定してもらいましょう。複数社で査定することで、他社の価格を参考に値上げ交渉をすることも可能です。また、値段だけではなく廃車手数料や付帯するサービス内容など、総合的な情報もチェックしておきましょう。