事故車をディーラーで下取りすると損?

新車を販売するディーラーや中古車買取業者など、事故車の買取サービスを扱うお店が増えてきました。しかし、事故車をできるだけ高額な値段で買い取ってもらうには、ディーラーへ査定を依頼することはおすすめできません。ディーラーの事故車買取価格は業界でも最低クラスだからです。今回は、ディーラーの事故車買取価格が安い理由について紹介します。新車への乗り換えなど条件次第では、ディーラーでの買取が有利になる場合もあるので、ぜひ最後までお読みください。

ディーラーの下取りが安い理由

事故車を取扱うノウハウがない

ディーラーに事故車の買取を依頼すると、価値がまったくつかなかったり(価格0円)、下取り可能でも想像以上に低い価格しかつかない場合も珍しくありません。ディーラーで事故車を売った場合、その業者はお店でそのまま(もしくは一部修理して)販売しようとしますが、もともと新車を扱うディーラーにとって事故車を販売するノウハウがないのです。それだけ収益化できるビジネスではないため、自然と買取価格は安くなってしまいます。下取り価格をできるだけ高くするには、事故車専門の買取業者を利用しましょう。専門業者であれば事故車であっても、パーツごとに分解したり、海外へ輸出するなど様々な販売ルートやノウハウを有します。事故車の収益化も得意分野なので、それだけ下取り価格が高くなりやすいです。

程度の悪い事故車は「廃車」

ディーラーに事故車の買取を依頼したとしても、必ずしも下取りしてくれるわけではありません。車の根幹部分に大きな破損があったり、程度の悪い事故車は価値がつかず「廃車扱い」となります。廃車の手続きまでディーラーに委託することも可能ですが、業者によっては10万円もの高額な費用を請求されることもあります。

事故車をディーラーで下取りは乗り換えならあり

下取りの処理をすべて任せられる

事故車の買取を依頼する場合、本来であればディーラーで高価に買い取ってくれることは少ないです。しかし、事故車の下取りとともに新車に買い換える、いわゆる「乗り換え」だと、ディーラー買取が有利に働くこともあります。ディーラーを利用するメリットは、乗り換え時に必要な手続きのほとんどを担当者に任せることができる点です。そのお店で新車を購入する場合、必ず専任の営業担当者がついてくれます。その方に、車の売買で必要な諸手続きをすべて任せることができるので、時間や手間を削減できる利点があります。

乗り換えで廃車費用が実質0円になることも

ディーラーでは、たとえ事故車をお店に持ち込んでも価値がつかない、すなわち「買取0円」ということもあります。この場合は「廃車」として処理することも可能ですが、通常は10,350~50,350円の登録抹消用の費用のほか、車の引き取り代金や代行費用などが発生します。しかし、こうした廃車手続きも新車に乗り換えを行うことで、手数料や費用を0円にしてくれる場合もあるのです。査定してもらったお店で新車を購入するという場合、こうした費用が浮いたり、先ほどの手続きが簡略化されるなど、ディーラーを利用するメリットが生まれます。