事故車は修理してから買取してもらうほうがいい?

事故を起こしてしまった車は、修理をしてから買取業者に査定してもらう方法が一般的です。しかし、あえて修理をせず、そのままの状態で車を引き取ってもらうこともできます。たとえば、重大な損害で修理費が高額になってしまった場合など、修理せずに廃車買取りに出す方がお得になることもあります。今回は、事故車を修理に出すか、それともそのまま廃車買取りに依頼するか、その見極め方をお伝えしていきましょう。

軽微なら修理後に中古車買取、重度なら廃車買取

事故車の買取では、車の基幹部分を修理した形跡があると「事故車」として判定され、中古車よりもさらに下取り価格が下がります。こうした修理の形跡は査定員が必ず見つけるので、事故車を中古車として見せかけることは不可能です。ただ、修理には高額な費用が発生するため、場合によって買取業者の査定価格より修理費の方が高くついてしまうケースもあります。仮に事故の損傷が軽微なケースであれば、修理費用も安く抑えられるので修理してから買取を依頼すると良いでしょう。しかし、重度な損傷や車のフレームなど基幹部分を修理する場合、数十万円の修理費用が発生することも珍しくありません。その場合は、修理をせず「廃車」として買取業者に依頼することをおすすめします。特に、事故車専用の買取業者では廃車手続きの費用ゼロで、処理のすべてを代行してくれることもあります。

修理して中古車買取した方が高いケース

走行距離が少ない・年式が比較的新しい

事故車を修理するか、それとも修理しないか、この判断基準で重要なポイントは、まず買取に依頼する同型車種の中古車価格を調べておくことです。中古車価格より修理費が高くつく場合、事故車を買い取ってもらっても損をしますので廃車として処理することも一つの手です。事故車の走行距離が少なく、なおかつ年代も新しい場合は、それだけで中古車価格が高くなります。その中古車価格より修理費を抑えられるのであれば、買取に出すことで十分に利益が出る可能性が高いでしょう。

人気車種

走行距離や年式以外にも、人気のある車種は市場価値が高いです。中古車価格も高く設定されていることが多いため、修理してから買取してもらった方がお得になることがあります。

修復歴の付かない傷

事故車を判断する基準として、事故を起こしたかどうかではなく、その車の「どの部分を」「どれくらい修復したか」が重要となります。以下で紹介する根幹部分を修理・修復していた場合、問答無用で「事故車」と判定されます。

修理歴に該当する自動車部分

  • フレームなど車の骨格部分にあたるフロントクロスメンバー
  • ラジエターコアサポート
  • フロントインサイドパネル
  • フレーム
  • ダッシュパネル
  • ピラー
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル
  • ルーフパネル

反対に、たとえ修理を行っていても軽いキズや凹み、上記以外の修復履歴であれば、それは「事故車」ではなく「中古車」として扱われるため、買取価格が高くなるケースも多いです。

廃車買取した方が高いケース

修復歴が付く修理

事故によるダメージが大きかったり、車の根幹部分を修復している場合、それは事故車として扱われるため中古車よりさらに安い価格でしか売れません。また、フレームなど根幹部分の修復は、数十万円の多額の修理費用が発生するため、廃車として買取業者に依頼する方が良いでしょう。

年式が最新モデル

年式が新しく発売されたばかりの車種は、まだ中古部品なども出回っておらず修理費用が高額になることもあります。もちろん最新モデルは市場価格も高いため、事故車買取でも高値がつく可能性もありますが、価値が落ちない内に修理せずそのまま廃品買取業者に依頼した方が高くなる場合も考えられるでしょう。

過走行車

過走行車とは、走行距離が10万km以上の中古自動車を指します。過走行車は約10年分の走行距離とされ、それだけ車の価値も下がります。たとえ、定期的なメンテナンスで車の状態が良くても、この10万kmを境に下取り価格はガクッと下がるので、修理に出さずに廃車買取りをしてもらった方がお得になるでしょう。

クラシックカーやプレミアの人気車種

人気車種は市場価格が高いため、修理を行ってから買取業者に依頼する方がお得です。しかし、それは大衆車に限ります。クラシックカーやプレミアのつくマニアックな車種などは、修理工場で扱っていないことが多いです。そのため、修理をせずに廃車買取りサービス業者に持ち込んでみましょう。こうした車は事故現状車として専門店に卸されるため、そのままでも意外な高値がつくこともあります。