水没車でも買取してもらえる?

自然災害の多い日本では、突発的なゲリラ豪雨や台風などで車に大きな被害が生まれるリスクが高いです。集中的な豪雨により車が水没・冠水してしまうことも珍しくありません。車内に水が入ってしまうと、しっかりと修理を行っても臭いやカビ、サビが残ってしまいます。すると車体価値が急激に下がり、放っておくと査定価格0円になることが多いです。しかし、たとえ水没した車でも状態が良く、新しい車種ほど買い取ってもらえる可能性が高くなります。今回は、冠水車・水没車の買取について詳しくお伝えしていきましょう。

冠水車・水没車とは?

冠水車・水没車とは、豪雨や津波などのトラブルなどで車が水没してしまい、車内に水が入り込んだものを指します。たとえ、車内の水がはけて問題なく動く車でも、一度水没してしまった車は冠水車・水没車とみなされます。たとえば、車内に水が入ったことによりCPUが故障してしまったり、車の基幹部分が錆びることもあり、査定価格にも大きなマイナス要因となってしまうのです。冠水車・水没車とならないためには、とにかく車内に水が入らないことが大切。一度侵入した水は、完全に水はけが完了したと思っても車内に臭いが残ったり、落ちないサビとして残留することが多いです。

水没することによって査定額がいくら下がる?

冠水車・水没車は中古車よりもグレードが下がり、査定額がマイナスとなります。これは日本自動車査定協会(JAAI)によって基準が定められており、冠水した水位によって次の通り査定額が減少します。

冠水した水位

フロア~シート下 30%の減額
シート上部まで 40%の減額
ダッシュパネルまで 50%の減額

つまり、車内が深く水に浸かるほど車体の価値も下がるということです。車体中部にはマフラーや電気系統、CPUといった車を動かす重要な精密機器が含まれています。浸水箇所が広がることで、こうした機器の故障リスクが高まり、それだけ車の価値が減額されてしまいます。

水没車を売却する際のポイント

水没車の買取実績がある業者を探す

冠水車・水没車を売却する場合は、必ず水没車の買取実績がある業者を選びましょう。たとえば、新車を販売しているディーラーでも水没車の買取を扱っている場合もありますが、専門外の分野になるため、買取金額が低い、もしくは0円(廃車)になるケースも多いです。冠水車・水没車が得意な業者としては、事故車や不動車の買取を行う専門業者をおすすめします。実績があると買取金額が高くなるだけではなく、廃車の場合でも手数料はかかりません。

時間が経つほど痛むので売却を急ぐ

一度水没してしまった車は、車内に臭いやカビが発生して取れないこともあります。機器の故障などは修理すれば直りますが、こうした臭いやカビは落ちません。また、サビにも気を付ける必要があるでしょう。サビを放っておくと車の基幹部分にまで侵食して、運転中に動かなくなってしまうことも考えられます。見た目にはあまり変化はありませんが、車体はサビや水気によるカビなど、経年劣化の速度が上昇し価値も急激に落ちていきます。

複数の業者に査定依頼する

冠水車・水没車を売る際は複数業者に見積もりをとり査定を依頼しましょう。1社だけの査定では、その金額が適正かどうかが分かりません。また、参考価格がわからなければ、価格交渉を行うときも不利となります。また、業者によって得意なパーツも異なるため、同じ業態でも会社が違うだけで査定価格に大きな差が表れることもあります。

水没車を買取する際のギモン

冠水したことを隠して査定できる?

冠水車・水没車だとしても、すでに完全に水がはけている場合は見分けることが難しくなります。水没によって車内機器にトラブルを起こしていなければ、さらに判別は困難となるでしょう。しかし、買取業者の査定員は車を厳密にチェックします。セルモーターの作動不調やパワーウィンドウの動作、エンジンの不具合などのほかにも、金属部分のサビや社内のカビ臭、泥汚れなど詳しく確認します。業者にとっては買い取った商品(車やパーツ)がそのまま転売先の売上に繋がるので、厳しい審査は当然です。しかし、冠水車・水没車のチェックは100%完璧に行うことはできませんので、もしかしたら冠水を隠してバレることなく買い取ってもらうことも可能かもしれません。ただ、買い取った車は国内での転売、さらに海外での転売と複数の業者間を移動します。その間も必ず厳重査定が行われるため、絶対にバレないということはほぼ不可能です。仮に水没したことを隠していたことが発覚した場合、虚偽申告として損害賠償請求や裁判で法的に裁かれる危険性もあるので、正直に申請することを推奨します。

水没した不動車でも買取できる?

水没した車が動かなくなって「不動車」扱いになった場合でも、中古車より価格は落ちますが買い取ってもらうことが可能です。その場合は、廃車・事故車を専門とする買取業者に依頼しましょう。ディーラーや買取専門店より高値で買い取ってもらえるばかりか、廃車するときでも手数料や費用が無料ということも多いです。

保険で直すか?廃車・売却にする?

水没した車が新しく、市場価値も高いという場合は、保険が適用され修理に出すことも可能です。しかし、修理に出して水没による機器の修復はできても、臭いやサビなどが残ったままになるケースがほとんどです。また、たとえ水没車ではなくとも、車は消耗品なのでいつか買い替える日がやってきます。冠水車・水没車という履歴は消せませんので、そうした買い替え時に結局、買取価格が低い状態で査定に出さなければならないでしょう。保険が適用されるほど市場価値の高い車であれば、価値が下落する前に売却することで買取価格が高くなることもあります。また、廃車にする場合でも自動車税の還付金が受け取れます。税金の還付ははやく手放すほど金額が高いです。ただし、車に愛着があったり、保険適用や廃車・売却にもそれぞれ一長一短があります。ご自身の生活環境に最適な方法を選びましょう。