車検切れの車でも買取してもらえる?

車にあまり乗る機会がない方にとって、気付いたときに車検が切れていたということも起こりえますよね。「費用ばかり高くつくし、いっそのこと売ってしまおうかな」という場合、果たして車検証が切れた車を買取業者が引き取ってくれるのでしょうか。気になる方も多いと思います。実は、車検が切れた車でも買取や査定に出すことが可能です。しかも、車を売却するからと車検の再発行をするより、そのまま売ってしまった方がお得になります。今回は、そうした車検切れの車の買取事情を詳しくお伝えしていきます。

車検切れでも車は買取できる

車検切れでもマイナス査定にならない

車検切れになった車も、実は買取業者に依頼して売ることができます。しかも、車検が切れていることを理由に査定価格が下がるということもありません。なぜなら、買取業者には車検切れという情報はあまり関係ないからです。買取業者は買い取った車をオークションで転売することが多いです。しかし、車専門のオークションでは所有者情報などの履歴はリセットされるため、たとえ車検切れでも価格に影響が出ることはありません。また、海外に輸出して転売する場合でも、現地では日本の車検制度が適用されないため影響を及ぼさないということです。

残期間が多いとプラス査定

車検切れになった車は問題なく買取に出すことができますが、車検が残っている車に比べると、査定金額は少しだけ低くなります。たとえば、車検が2年残っている車の場合、買取額に約3~5万円ほどのプレミア価格がつきます。そのため、車検切れになった車を再度車検に申し込んでから買取に出そうか、迷っている方も多いのではないでしょうか。しかし、新しく車検を発行する場合は自賠責保険への加入のほか、重量税、印紙代が加わり合計5~6万円の費用が発生します。つまり、たとえ車検残存期間によるプレミア価格がついたとしても、保険や税金の支払いにより約1~3万円ほどの損をしてしまうということです。

車検切れはそのまま査定がベスト

車検切れの車は、新規発行の保険代や税金の関係から、車検を再発行せずにそのまま査定に出してしまいましょう。車検切れの車を買取りに出した場合でも、特にペナルティが発生するわけではないので、再発行による費用が発生しない分お得と言えます。また、車検を再発行するには手間もかかりますので、その時間を一括査定見積もりに投じるべきです。複数の業者に一括査定を依頼することで相場価格が把握できるだけでなく、他社の見積もり価格を引き合いに価格交渉をして有利な買取金額にすることもできます。

車検満了日の1~2ヶ月前が売り時

車検切れの車を売るタイミングは、満了日の1~2ヶ月前が売り時です。車検が切れてから売却することも可能ですが、その間は車に乗れないので何かと不便になります。また、車検満了日まで約2ヶ月もあれば、その間にじっくりと業者を選別して買取価格を有利に進めていくこともできるでしょう。ただし、満了日から1~2ヶ月前だとプレミア価格はほとんどつきません。買取価格の基準は車検切れの車とほとんど同じだと思って、しっかり業者を選別してベース価格を上昇させていくことをおすすめします。

車検切れの持ち込み注意

車検切れの公道走行は不可(一発免停)

車検切れの車は、買取店舗に持ち込まないよう注意しましょう。買取業者では車の引き取りに手数料がとられる場合もあり、自分で車を持ち込むことによって手数料が無料になったり、逆に還付されることもあります。しかし、車検切れの車を運転することはそうしたメリット以上のリスクを伴います。たとえば、無車検運行による道路運送車両法違反は減点が「6」で、一発で免許停止処分です。また、車検切れの場合は自賠責保険が切れていることもあるため、万が一の事故で高額な慰謝料請求に繋がりかねません。もちろん、自賠責保険は強制加入なので無加入で減点「6」、慰謝料請求と同時に免許停止処分も確定となります。しかし、ディーラーや買取専門業者の場合、車を引き取ってもらう手数料が発生することもあります。そうした費用増を避けるため、次の項目で紹介する方法をご検討ください。

仮ナンバーを発行して公道を走る

車検切れの車を運転する方法の一つに、仮ナンバーを発行することが挙げられます。仮ナンバーとは、ナンバープレートに斜めの赤線が走っているもので、事前に申請を行えば発行後5日までの間、車検切れの車で公道を走ることが可能です。仮ナンバーの申請は市区町村の役場で行えますので、次の必要書類をご持参ください。

  • 運転免許証
  • 車検証
  • 自賠責保険証(有効期限1ヶ月以上であること)
  • 認印・仮ナンバー発行手数料(700~800円ほど)
  • 自動車臨時運用申請書(役所で発行可能)

ただし、仮ナンバー申請には注意点もあり、まず自賠責保険が期限切れになっている場合は加入が義務付けられています。当然ですが、加入した際には保険料が必要です。また、仮ナンバーの申請は車を移動させる当日、もしくは前日にしか受け付けていません。仮ナンバーは便利ではあるものの、こうした条件が重なったり、手続きの手間がかかってしまいます。そこで以下で紹介する第2の手段を考えていきましょう。

出張査定を依頼

買取業者の中には出張査定に対応しているところがあります。対応しているエリアであれば無料で自宅まで査定に伺ってくれて、なおかつすぐに契約を結べばその場で車を引き取ってもらえます。出張査定サービスの多くは引き取り費用も無料なので、コストも手間もかからないという点でベストな選択肢でしょう。ただし、査定してすぐに契約に至らないケースもあります。その場合は引き取り日を打ち合わせて、後日車を持って帰ってもらいますが、引き取り費用が発生する場合もあるので注意してください。また、引き取り費用ばかりに注意が向いて、出張査定の当日に焦って契約を結んでしまわないようにしましょう。確かに引き取り費用を抑えることも大切ですが、それ以上にじっくりと複数業者の査定価格を分析し、価格交渉まで行った方がトータルの利益(買取価格-手数料等)が増えることも多いです。

車検切れを買取に出す際の注意店

車検証は必要なので事前に準備

車の買取には必ず車検証が必要です。また、車検証は車内に置いておくことが義務づけられています。もし車検証を失くしてしまったという場合は、運輸支局に相談することで再発行も可能です。

買取業者への引き渡しまでは数日かかる(代車の手配を忘れずに)

買取業者は車の引き渡しまで数日かかることがほとんどです。すぐに車両を持っていかれた場合、その間は車を利用することができないため、できるだけ代車の手配も事前に行っておきましょう。買取業者によっては手数料無料で代車サービスを提供していることもあり、契約前に確認しておくことをおすすめします。